小田原養護学校

教材教具 No14 くだものパズル(弁別)

対象の児童・生徒 10種類くらいの形の弁別ができる
ねらい ①同じ果物の模型と同じ果物の絵が分かる。
②果物の名前を覚える。
用途 ①果物模型を同じ果物の絵の枠に入れる。
②教師が言った果物を取り、同じ果物の絵の枠の中に入れる。
作り方 果物模型(市販)、果物の絵、お菓子の箱
教材14の写真

教材にもどる
▲このページの先頭へもどる